キャンプに使う薪の棚DIY

薪棚設置状態キャンプ関連DIY

キャンプ用の薪をウッドデッキに置いているのですが、見た目がわるく場所を取るため棚を作成。

スポンサーリンク

設計

しっかり3DCADで設計します。
薪ストーブとかに使うわけじゃないのでそれなりの大きさで設計プラス、上を棚にして物を置けるように板を並べて棚にする。
ここで、板割も考えながら幅、高さ、奥行きをきめる。組み立てを意識しながら。
CADを使って設計してもどっかしら失敗するし・・・
なんでかね?

薪棚図面
薪棚図面

材料

種類長さ数量カット
2×4材10ft (3,048mm)2950mm,950mm,498mm,400mmでそれぞれカット
1×4材6ft2670mm,670mm,400mmでそれぞれカット

コースレッドは適当に家にあったのを使用(3.8×51かな?)
カットはホームセンターでやってもらう方が楽&直角。

購入した材料
購入してカットしてもらった材料です

組立

すべてのねじ部は、下穴と皿取をする。
カットしてもらった断面をすべてやすりをかけて整える。

ねじ止めの穴位置はすべてツーバイ定規を使用。
↓こういうヤツ(ツーバイ材は、DIYでよく使われるので1つは持っていたいアイテム)

下段棚から作成。棚の足のねじ止めと干渉しないように横板に対してセンター2点止め。
次に棚と足をねじ止め、ここで下段の高さを合わせるために棚の下に適当に(今回はツーバイ材のあまりを使用)当てて極力水平にする。
下段棚のねじに干渉しないように4点止め。

作成途中
薪棚の下段を作成しました。

図面には100mmの高さになってるが、別に水平が取れれば自由。
上段のワンバイ材は、上の棚板を止めるために先に400mmの板をねじ止め。
この時極力垂直を、平行を意識する(一応板を当ててねじ止め)。
棚板4枚を極力等間隔で固定。

やすり掛け、塗装をしたい方はどうぞ。(今回は雨に当たる場所でもないので無塗装)

完成

汚らしく置いていた薪も棚に収納するだけでだいぶ見た目もスマート。
簡単なものを置ける棚もできて便利!
満足、満足。

ちなみに、この画像にある薪で大体キャンプで焚火するのに4回分ぐらいはありそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました