Raspberry pi4 タッチパネル縦向き設定

raspberry pi

アマゾンから購入したタッチパネルの設定備忘録。

スポンサーリンク

環境

7inchタッチパネル
Raspberry pi4 B memory:4GB :Raspbian ver.10(buster)

接続方法:HDMI&USB

調査開始

とりあえずアマゾンカスタマーQ&Aで質問してみたが公式より
「この機種は画像回転機能を対応できないです。」
との回答。

出来ないことはないだろうと思い調査。

ちなみにほかのサイトで良く説明しているboot/config.txtの編集ではディスプレイ表示が回転しないので注意。config.txtを有効にする方法もあるけど割愛。

ここから本題

まずはディスプレイ表示のみの回転から

GUI操作

設定ー>Screen Configuration起動
Configure->Screens->HDMI-x->向きでディスプレイを回転する。
ちなみに今回は、Left
ディスプレイだけが回転しタッチデバイスはそのままなので操作しにくい・・・ってかムリ!
ムリせずにVNC等を使って操作する。

xinputコマンドでタッチデバイスを回転する

デバイス名を取得する。

xinput --list

⎡ Virtual core pointer id=2 [master pointer (3)]
⎜ ↳ Virtual core XTEST pointer id=4 [slave pointer (2)]
⎜ ↳ wch.cn USB2IIC_CTP_CONTROL id=6 [slave pointer (2)]
⎣ Virtual core keyboard id=3 [master keyboard (2)]
↳ Virtual core XTEST keyboard id=5 [slave keyboard (3)]

Virtual core pointerの
[wch.cn USB2IIC_CTP_CONTROL]がタッチパネルのデバイス名

90度回転 ディスプレイの回転がRightの場合

xinput --set-prop 'wch.cn USB2IIC_CTP_CONTROL' 'Coordinate Transformation Matrix' 0 1 0 -1 0 1 0 0 1

270度回転 ディスプレイの回転がLeftの場合

xinput --set-prop 'wch.cn USB2IIC_CTP_CONTROL' 'Coordinate Transformation Matrix' 0 -1 1 1 0 0 0 0 1

Transformation matrix については難しそうなので丸投げ。

これで無事にディスプレイを縦にしてタッチパネルが使えるようになる。
が、再起動すると設定が戻るので、起動時に自動実行する。
次のページからスクリプトの作成。

コメント

タイトルとURLをコピーしました