FORESTER専用スピーカーボックス作成

スポンサーリンク

はじめに

この記事はただの趣味でForester専用サイズの3Dプリンター製エンクロージャーを作って楽しむ内容で決して音の良し悪しは関係ないので注意。
正直MDFで作ったほうがもっときれいな音が出る。
そう、ただ3Dプリンターでやってみたかっただけ。

設計

ネット上を探してみたが完璧な寸法を表記したサイトが見つからず。専用設計のスピーカーなるものを発見したが超高級品だった。

ちなみにコレ。

上のメーカーの別スピーカーに寸法があったので参考にしてみたがイマイチ奥行などがわからなかったので結局現物で確認。


測定する場合、奥行については窓を全開にして測定しないと干渉するので注意。

使用するスピーカーは以前エクシーガに使ってたFostex のFE-126Enでちょっと古い型だが、性能的には十分なので今回も引き続き採用。紙のコーンなので水濡れ厳禁。

コレが現行モデル。(コイズミ無線で買うと少しお得)

作成した図面はこちら

ドアパネルの穴より結構小さめで設計している。というかプリンターの印刷サイズの問題で長手方向の限界。
真ん中で接着する方法も考えたがどうにもめんどくさがりが出てしまった。
壁の厚さもかなり薄いwこれが結果として音に影響するのでもし作るのであればもっと厚さは確保したほうがイイと思う。印刷時間は一気に伸びていくんだが。

3Dプリンター出力

バッフル板のみTPUを使用し、それ以外はすべてABSで出力している。ABS+などを使うと割と印刷しやすいと思う。

ABS材は反りが大きいので温度管理だけはしっかりと行うこと。プリンターを囲っていないと反りが大きく出て途中で失敗になる確率が上がる。
基本的に肉が厚い部分が反りやすい。今回は薄く設計しているので問題ないが。

組立は接着剤を使ってくっつけて最後にバッフルをねじ止めするだけ。
接着剤はアクリル用の接着剤でOK

アクリサンデーの接着剤は結構高価なのでサンボンドのアクリル接着剤がオススメ、ただし購入方法が限られてるのが欠点、モノタロウで買える。1Lで1600円ほど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました