digital tachometer v1

タコメーター回路図

youtubeの方でFit(GD3)専用タコメーターについてのコメントをいただいたので、資料をまとめてみました。

スポンサーリンク

回路図

こちらが回路図です。

Tachometer 回路図 bsch3v使用
VCCイグニッション電源 
U1三端子レギュレーター1個
U2PIC16F881個
U316文字2行キャラクター液晶1個
VR1コントラスト調整半固定抵抗1個
Qトランジスタ(2SC1815GR)4個

説明

TA信号は、車の回転信号に接続します。
整流ダイオードで信号を取得します。手抜き仕様ですね。
ここに本来はフィルター回路を入れないとノイズで回転数が上手く表示できません。
上手く表示できないと言うか、たまに回転数がとんでもない数値になるんですが15,000回転とか(汗
ソフト上でごまかしのプログラムを組んでるんですが、それでもたまにバグります。

ケースについて

作成した基板のケースは、完全ワンオフのプライスレスなケースになります。
アルミ削り出しの高級ケースです。タコメーターのオーナーのお兄さんが作成したものです。私には作成不可です(笑

ソフトウェア

開発環境は、たぶんMPLAB IDE ver8?。
現行のMPLAB X IDEだとビルド時にエラーになると思います。
いつも間にかCONFIG周りの記述が変わっていたので・・・
非常に不親切ですが、修正していません。
プログラムも数年前に書いたものなのでもう少しコンパクトにできそうな気もしますが、あえてそのままです。

必要なファイルがどれか忘れてしまったので、足りないかもしれませんが参考になれば幸いです。
ちなみにhexファイルも入れてあるのですぐ書き込める・・・はず

最後に

次回作の予定もあったのですが・・・
頓挫してしまいました。
最近PICを使うことも減ってしまったので少々不安がありますが、公開することにします。

PICは割と初期投資が必要なのでESP32系とかRaspberry pi系とかを利用したほうが手軽かなと思います。結局信号拾い出して計算して表示してるだけだしw

コメント

タイトルとURLをコピーしました