SUBARU FORESTER X-BREAKに乗り換えた その2

車内パネル周り

前回は主に走りに関する内容だったが今回は後付けしたものなど。

注意

この記事の内容を参考に修理・改造する際は、一定の知識の元行ってください。
機器の破損や感電、火災の危険があります。
また、この記事の内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

ディーラーオプションで薦められたが見送ったもの

  • 上位グレードのナビ
  • ドライブレコーダー
  • ナビ操作キット

ナビ

単純に予算の都合でやめたのと使い慣れた楽ナビでいいと思った。
予想以上に操作系が変わっていて慣れるまで少々苦戦した。今はスマホのナビアプリから目的地を入力できるのでとても便利。
そもそもナビの更新をしていないといずれ使えなくなるだけなのでそこまで最近のナビに期待していない。GoogleMapを使ったナビが当たり前になってほしい。

速度超過防止警告はOFFにすることを強くオススメする。
中部横断自動車道走行中、一部区間がまだなかったようでしばらくの間繰り返し警告音声が流れ続ける。うるさい!道路が無い区間は自動でOFFになるとか少し考えてほしい。

ドライブレコーダー

これも単純に高くない?ていう話。
市販の2万円前後のドラレコを自分で取り付けた。配線作業については、驚くほど簡単で拍子抜けしたくらい。
あれ外してーこれはずしてーとメンドウだと思っていたが、予想以上に簡単にいろいろな部分が外れる。後は配線を押し込んでいくだけなのですぐ終わった。

アイサイト搭載車には、フロントガラスに貼り付け禁止のエリアがあるようで注意。知らずに思いっきり禁止エリアに取り付けてしまったが、今のところ誤動作はしていないと思うw

シガーソケットから電源を取るのが嫌いなのでシガーソケットをばらして中のい基板に配線をはんだしてナビ裏のACC電源から電源を引いている。
(十分な知識が無いと危ないので注意)

インパネを外してナビ裏にアクセスするわけだが、何気に楽ナビ&ナノイー仕様のインパネの外し方の参考サイトが少なく苦戦。エアコンダクトまでは一緒でそこから先が違う。
作業時に写真を撮っていたが何故かどれもわけわからん場所ばかりで参考にならないが一応載せる。

インパネ外し説明画像
画像上部の青丸の爪が超固い

矢印の方向からマイナスドライバーなどを挿し込んでテコの原理で爪を外す。かなり力を入れて外すので支点になる場所は必ず養生すること。
ここ以外の部分はほかのサイト参照願います。

ナビ操作キット

このアイテムは一体何なんだろうか?なぜこんなにも高額なのか?不思議な商品。そんなこんなで一度も実物を見たことはない。

そもそもパーキング信号をグランドに落とすだけの作業にそんなにお金出せないよw

というわけでこちらもDIY作業。あくまでも助手席の人がナビを操作するための配線作業であることを忘れずに。運転手は操作してはいけない!

ドラレコの配線と同時にナビ裏の配線(パーキング信号)を1本カットしてGNDに接続して完了。ナビ側の信号線をGNDなので間違えないように注意。
(こちらも十分な知識の元作業すること)

配線作業必須アイテム

端子はすべて使って別で買っているが圧着工具はもう10年以上使っている。

車内の灯火類とか

基本的に車内灯はLEDが使用されている部分が増えDIY趣味の人にはちょっと寂しい内容になっているw

と、思いきや電球採用箇所が何カ所かある

  • バイザーのミラー(バニティーミラーっていうらしい)のランプ
  • カーテシランプ
  • バックランプ(カメラとの関係があるので調査が必要)

カーテシにLEDがなぜ採用されなかったのか不思議。そのうち気が向いたら作る予定。

まとめ

お金を出せばなんでもやってもらえるけど、少しは自分でやりたいw安くしたい。という部分を紹介してみた。多少技術や知識は必要になるが、それも楽しくやるのが趣味なのでぜひ挑戦してみることをオススメする。

ちなみにフロントのスピーカーも変えているのだがそれはまた別で紹介予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました