Thomann s-150 mk2修理

thomann節電回路基板修理

この記事の内容を参考に修理・改造する際は、一定の知識の元行ってください。
機器の破損や感電、火災の危険があります。
また、この記事の内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

どうも
久しぶりにブログ再開します。
thomann s-150 mk2 なるものを実の兄から修理してくれと依頼が来たのですが・・・
ちなみにつないでみたけど音が出ないらしい

どうやら、有名?なパワーアンプのようで
AC100Vでも動作するとかしないとか
値段の割に音がすごくいいとか・・・

電子工作をやっていますが、アンプには手を出さないようにしているため(アンプに手を出すと終わりが無くなりそうなきがして)
まったくもって無知なのですが
修理内容が
・節電リレー?のバイパス
・スピーカーリレー?の交換

と、思ったより簡単そうなので軽く依頼を受けてみることにしました。
(外観写真撮っておけばよかった・・・)

スポンサーリンク

早速作業

thomann節電回路基板
節電回路基板?リレー外した状態

誤算だったのが、はんだごての熱量不足・・・
手持ちのはんだごて(20Wと30W)は、基本的にチップ部品のはんだ用で
AC100-10Aとかの耐圧の大きいリレーの足を外すには、ちょいと無理がありました(汗

もともとついていた青いリレーを外してスイッチ部分を短絡しただけ。
持っていた一番太いケーブルを使用しました(AWG16ぐらい?)
リレーの型番メモっとけばよかった・・・

次にメイン基板!

thomann s-150 mk2 中身
内部全体、右上に上の節電基盤が入っていた

交換するリレーは・・・

thomann スピーカーリレー
画像真ん中のリレーがスピーカーリレーらしい

太い配線3本が引っ張っても抜けそうにないのであきらめてそのまま基板を外して
裏返し・・・・?

thomann 基板掃除前
裏返した基板

えっ?
まだ何もしてないよ??の状態
基板の一部が焦げてるし・・・
はんだ、どうなってるの???

これが噂の中国クオリティか!?
余りの汚さに驚きましたよ・・・・

前に、マグネスケールのデータをパラレルで取得するときに
なぜかデータがちらついて(確かマイナス記号)
その原因がフラックスだったってことがあって以来
必ず掃除するようになった・・・
なんてことを思い出したりして

音質を求める業界のパワーアンプにこれは、どうなんでしょう(笑)

リレー交換したら掃除しておきます。

いろいろとリレーを探してみたんですけど
耐圧が同じものが見つからなかった・・・
平気だろうな、という感で
業界大手OMRONのLY2-0(DC24V)というリレーを使用することにしました。

このリレー交換もまたまたはんだごて熱量不足で苦戦しました
(今度、昇温機能付きのはんだごて買おうかな・・・)

・・・洗浄後の写真撮り忘れてた
すいません。

結果

今回の修理内容
・節電リレーのバイパス作業
・スピーカーリレーの交換
・基板の掃除とはんだの一部やり直し

スピーカーリレー外して気が付いたんですが、リレーの側面に亀裂が入ってました。
後、メイン基板の焦げてる部分気になったので何か調べてみたら
ブリッジダイオードICのとこだったんですけど。
ブリッジダイオードで基板焦げる??かな?
(勝手な予想ですが、実装時に逆につけちゃってヒートガン当てて外したんだけどそこだけ焦げちゃった・・・とか?)

とりあえず一通り組みなおして、自分の持ってる貧弱な機材で音を出してみたんですけど問題なく音がでました。
兄に送り返して無事完了!

無事音が出て、いい音だと喜んでくれたのでOK!
ただ、兄がXLRケーブル(自分で作ったらしい)のホット、コールドを間違えただけなのかもしれないけど・・・

修理にかかった費用

スピーカーリレー LY2-0 DC24 送料込みで1,200円
以上!!

今回参考にしたサイト

このサイトのコメント欄で質問してる人・・・・兄貴・・・?

*2020-08-26 画像サイズを変更

コメント

  1. ダイ より:

    すいません同じ症状でthomann s150が
    電源が入らないのですが、どこをバイパスしたのかお教えいただけないでしょうか?

    • kiwamu より:

      すいません、現物が手元にあるわけではないので細かいところは説明できないのですが、
      リレーの基本的な動作原理を調べてもらえるとありがたいです。(リレーに書いてある回路の図が理解できれば…)
      バイパスする部分は、リレーのコイルに電圧がかかった時に動作する接点の所です。
      文章で説明するのは難しいですね(汗
      要するに、コイルに電圧をかけなくても常に接点がONの状態になればOKです。

  2. ダイ より:

    コメントありがとうございます。
    リレーの脚4本ありますよね、それの切り替え側の側の2本(アシンメトリーになっている2本)を繋げる形にしたのですが電源が入りませんで。

    1つ謎なのが繋げてない状態でもテスターを基盤の2つの穴に当てると通電状態になっているのですが、これは違うところに問題があるのでしょうか?

  3. ダイ より:

    ヒューズも見た目的には大丈夫そうなのですが、原因がお分かりになるようでしたらお力お貸し頂けるないでしょうか。。突然申し訳ありません。

    • kiwamu より:

      節電回路部分のバイパスは、問題なさそうですね。
      状況がわからないのではっきりとした事は言えないのですが、メイン基板のリレーに問題はないでしょうか?
      電源を入れて2,3秒後に動作する(ポップノイズ防止用だと思う)リレーです。(透明カバーの方)
      リレーのコイルに24Vがかかっているか・・・ですね。
      基本的な部分だと、電源コード上の電圧切換スイッチ(115Vと200V)を115Vで使用するとか・・・
      それ以外だと少々厄介な気がします。
      あまり力になれず申し訳ないです。

      • ダイ より:

        いえいえありがとうございます。
        SPリレーですが開けて手動で接続させてみても変化なしでした。。
        諦める事にします、お手数お掛けしました!

        • ダイ より:

          本体のコンセントの受け部分が導通が来ていませんでした。
          内部に電源ケーブルを直付したら電源ははいりました!
          プロテクトはまだ解除していませんが。。

  4. ダイ より:

    SPリレーの解除も出来ました!
    しかし音が出ません。。
    スピーカーに繋いでもスイッチの切り替え時にボっ というノイズが鳴るぐらいです。
    予想がつくところあったりしますでしょうか?

    • kiwamu より:

      背面パネルのスイッチがBR(ブリッジ)になってる→パラレルに切り替える
      それか、キャノンケーブルのホットコールドが逆になってる。
      くらいですかね・・・

  5. ダイ より:

    リレーの交換、半田の付け直しなどしたら無事直りました!
    色々参考なる情報ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました