Surface Pro4 windows11限界かも

ブルースクリーンならぬグリーンスクリーンWindows

2021年7月にインストールしたWindows11 Pro Windows Insider Programはそろそろ動作的にも限界かもしれない。

現在インストールされているバージョンは
Windows11 Pro 評価コピー。Build 22567.ni.release.220225-1325

先に結果を言うと回復を使ってビルドを一つ戻すと直る。
戻したビルド Build 22563.ni.release.220219-1637

スポンサーリンク

先週から発生していた問題

エクスプローラーを開こうとすると落ちる。
ブルースクリーンならぬグリーンスクリーン。

はじめはGoogle chromeを使っている最中に落ちるようになったのだが、Microsoft Edgeだと問題なく動作する。というよくわからない症状。陰謀かと思ったくらい

それが4時間の間に10回ほど落ちるとさすがに仕事にならない。
開いていたタブは全部閉じて、打ち込んでいたVSCodeは保存する前に戻り。作業できる状態ではなくなってしまった。

そして気が付くとエクスプローラー開くと落ちるように。こうなるともうどうしようもない。

調査開始

ファイル管理はほぼ社内サーバなのでとりあえずWiFiを切ってエクスプローラーを開いてみる。
なんと!開ける。

再度WiFiに接続してエクスプローラーを開こうとすると落ちる。

どうやらこれが問題のようだ。

次に、WiFiOFFでエクスプローラーを開きそのままの状態でWiFiをONにしてナビゲーションウインドウのネットワーク、PC、OneDrive、クイックアクセスの順にクリックしてみた(下から上に順番に)

犯人は、クイックアクセス。クリックした瞬間緑の画面に。

その後もたびたび落ちるのだが、さらにわかったことが共有フォルダにアクセスすると落ちるようだ。

対策

とりあえずの対策として

クイックアクセスのオプション[全般]タブ、プライバシー

  • 最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する
  • よく使うフォルダをクイックアクセスに表示する
  • クイックアクセスのOffice.comファイルを表示する

をすべてOFFにしてエクスプローラーの履歴を消去するの[消去ボタン]をクリック

これで落ちることはなくなった。

まとめ

原因が結局何なのかまではわからなかったがとりあえず使用できるレベルには修復できたので良しとする。
これを書いてるそばから落ちた。今回は画像の編集中。よくわからない。

そもそもSurface Pro4自体限界なんだと思う。
自宅のPCと比較してもWindowsUpdateの更新時間に雲泥の差がある。
去年買ったPCだと更新約5分程度なのだがSurface Pro4は数十分から1時間程度かかる時まである。

いい加減買い替え時。

コメント

タイトルとURLをコピーしました