燃料電池自動車修理依頼

燃料電池セルアイキャッチ修理

知り合いの会社に遊びに行った時に
燃料電池で走るラジコンがあると見せてもらったのですが
外で雨ざらしにあい、動かなくなったとのことで修理することに・・・

スポンサーリンク

症状

一通りのモノをセットし電源を入れて見ましたが
ピクリとも動きませんでした。

燃料電池自動車
燃料電池自動車です

修理開始

まず、動かないので
可能性のある部分を一個ずつ考えていきます。
1.モーターが水にぬれて固着している
2.回路がショートして部品が壊れている。
3.モーターが水にぬれて壊れている

ということで、1からやって見ます。
分解してモーターの軸を強引にまわす。
この時点で動きが渋かったので
だいぶ強引にまわしました。

ここで、また確認して見ます。

・・・

動いた、ラッキー♪

一連の動作

まずは、蒸留水から電気分解で水素と酸素に分けます。

電気分解は乾電池
電気分解は乾電池を使用しました
電気分解中
蒸留水から水素と酸素をつくります
電気分解完了
電気分解が完了しました

準備完了です。

後は走らせるだけです。

今回のアイキャッチに使用した画像が、燃料電池のセルです。
水素と酸素の間にセパレータ?
プラチナの網とカーボンの網?が付いていて
そこに水素と酸素がくっついて電気を生み出す
だったかな?
そのためガソリンと違い排気するものが
ガスではなく、水のみ
というとてもエコなモノです。

走行している動画です。
とっても地味です(笑)

まとめ

結論、確かに説明書を読むとなんとなく
動作原理を理解できるのですが、
実際に動作しているところを見ると
ちんぷんかんぷんです(笑)
このキットは、ただ単に燃料電池自動車の
動作を楽しむ程度だと思います。
実際の動作原理などは、見えないので
そのくらいが限度かと・・・
その割りに値段が高いの・・・
それぐらい、まだまだ発展途上の技術なのかなと
思いました。
まだまだこれから期待されている
燃料電池、いろんな課題がありそうですが
楽しみなことも多そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました