3Dプリンターでサイクロン!

サイクロンテスト環境3Dプリンタ

どうも
前回の続きで
今回は大型の印刷の結果の報告です。

スポンサーリンク

今回印刷したものを組み合わせたもの

サイクロンテスト環境

がこちら

ぱっと見てわかる人少ないと思いますが
粉体分離機!
そう!サイクロンユニットです。
あの某掃除機の中身の粉と空気を分けることができるあれです。
全長は・・・350mmくらいですかね・・・
設計については、いろいろなサイトを参考にしてみたり
会社にある機械についているものを参考にしたり
最初はすべて接着して一体で作ろうかと思っていたところに
お友達からネジ山印刷してみたら?と言われたので
急遽ネジ山部品をオスメス印刷して(自信がなかったので最小限の印刷に抑えた)
上下それぞれに接着しました。
接着剤はアクリル用を使用してます。

部品説明

サイクロン上部

サイクロンの上部です。

はじめ一体で印刷に挑戦したんですけど
横に飛び出るパイプがキレイに印刷できなかったため
別で印刷し接着剤で繋げました。
図面上はきれいにパイプが入るはずだったんですけど
追加工が結構ありました。
ルーターでだいぶ削りました。
・・・ちなみに・・・
アクリサンデーのアクリル接着剤を買うならモノタロウで
別メーカーさんのを買ったほうが断然お得です。

接着部分の段差を
失敗したモノやブリムなどの端材を接着剤で溶かして
パテの要領で埋めました。

サイクロン下部

サイクロン下部

テーパー部分、角度等は考えていません(笑)
高さ200mm直径Φ100mmです。
ネジ山部分はC面部より上で接着しています。

サイクロンセンターパイプ

真ん中に入れるパイプです

直径Φ38mmだったかな・・・?
掃除機のサイズに合わせた気がする

アセンブリ

サイクロンユニット


上部センターにパイプを挿入し
ネジ部を固定して完成!
唯一失敗として・・・
逆ネジでした!!
あらかじめCADでアセンブリしていたので問題なくくっついたんですけど
まさかの逆ネジでした・・・

使用

実際に稼働してみた
と、いうより画像はすでにテスト使用した後なので
汚れてるんです・・・かんべんしてください。

性能自体は問題なく粉を分離してくれました。
動画のアップも考えたんですけど
サイクロンユニット自体が透明じゃないので
動画にしてもわかりづらいだろうということでやめました。
実際の分離効率に関しては調査していないのでわかっていません。

適当に設計した割には予想以上の結果になったと思います。
STLの公開予定はありません。
なんせ逆ネジですからw

次回は小物を紹介したいとおもいます。
では

コメント

タイトルとURLをコピーしました